【雑記】C#と仲良くなった気がする

C++erの同僚とC#について語り合うとき、
結構の割合で「C++のように パラメータに constをつけたいね!」という話題になる。

なぜ、C#のパラメータに const つけないのかを自分なりに考えてみた。

要するにこんな感じだ
gist.github.com

もちろん、C++ でも プロパティ(getter)のメソッドを書けますが、
書き方的 C# みたいに便利ではなかった。

C# は「自分の身は自分で守る」ってことです。

どう?少し仲良くなった気がします?

【C++】NMAKEによるバッチビルド

NMAKE コマンドを使ってビルドしたいとき、
毎回 Visual Studioコマンドプロンプト を起動するのが面倒ですよね(-_-)

ワンバッチでできましたのでメモです

gist.github.com

CMakeと組み合わせて使うとめちゃくちゃ便利なのよ(*'▽')

参考:
stackoverflow.com

【C#】ジェネリック引数付きコンストラクタ 2

前にも同じのを書いたけど
kou-yeung.hatenablog.com

こんな感じにも書けるのでメモメモ。
gist.github.com

追記:
20160522
もともと提供されてるじゃないか。。
Activator.CreateInstance メソッド (Type, Object[]) (System)
こっち使おう!

【Unity】JsonUtility で List<T> と Dictionary<TKey,TValue> シリアライズする

Unity5.3 から JsonUtility 追加された。
が、List と Dictionary はシリアライズできません!

シリアライズ対象になるには以下の条件がある

1.クラスに [Serializable] 属性
2.privateメンバー変数に[SerializeField] の属性
3.publicメンバー変数にする

もちろんですが、List と Dictionary は以上の条件に満たしていない

例として以下のクラスを使用します

using UnityEngine;
using System;
using System.Collections.Generic;

[Serializable]
public class Enemy
{
    [SerializeField]
    string name;
    [SerializeField]
    List<string> skills;

    public Enemy(string name, List<string> skills)
    {
        this.name = name;
        this.skills = skills;
    }
}

実際にシリアライズしてみる

var enemies = new List<Enemy>();
enemies.Add(new Enemy("スライム", new List<string>() { "攻撃" }));
enemies.Add(new Enemy("キングスライム", new List<string>() { "攻撃", "回復" }));
Debug.Log(JsonUtility.ToJson(enemies));
// 出力 : {}

何もないJson文字列に出力された。

Unityの公式サイトでは ISerializationCallbackReceiver を継承する方法を提示されたが、
もう少し抽象化したいので・・・

書いてみた

// Serialization.cs
using UnityEngine;
using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using System;

// List<T>
[Serializable]
public class Serialization<T>
{
    [SerializeField]
    List<T> target;
    public List<T> ToList() { return target; }

    public Serialization(List<T> target)
    {
        this.target = target;
    }
}

// Dictionary<TKey, TValue>
[Serializable]
public class Serialization<TKey, TValue> : ISerializationCallbackReceiver
{
    [SerializeField]
    List<TKey> keys;
    [SerializeField]
    List<TValue> values;

    Dictionary<TKey, TValue> target;
    public Dictionary<TKey, TValue> ToDictionary() { return target; }

    public Serialization(Dictionary<TKey, TValue> target)
    {
        this.target = target;
    }

    public void OnBeforeSerialize()
    {
        keys = new List<TKey>(target.Keys);
        values = new List<TValue>(target.Values);
    }

    public void OnAfterDeserialize()
    {
        var count = Math.Min(keys.Count, values.Count);
        target = new Dictionary<TKey, TValue>(count);
        for (var i = 0; i < count; ++i)
        {
            target.Add(keys[i], values[i]);
        }
    }
}

使い方

// List<T> -> Json文字列 ( 例 : List<Enemy> )
string str = JsonUtility.ToJson(new Serialization<Enemy>(enemies)); // 出力例 : {"target":[{"name":"スライム","skills":["攻撃"]},{"name":"キングスライム","skills":["攻撃","回復"]}]}
// Json文字列 -> List<T>
List<Enemy> enemies = JsonUtility.FromJson<Serialization<Enemy>>(str).ToList();

// Dictionary<TKey,TValue> -> Json文字列 ( 例 : Dictionary<int, Enemy> )
string str = JsonUtility.ToJson(new Serialization<int, Enemy>(enemies)); // 出力例 : {"keys":[1000,2000],"values":[{"name":"スライム","skills":["攻撃"]},{"name":"キングスライム","skills":["攻撃","回復"]}]}
// Json文字列 -> Dictionary<TKey,TValue>
Dictionary<int, Enemy> enemies = JsonUtility.FromJson<Serialization<int, Enemy>>(str).ToDictionary();

おまけに BitArrayも書いてみることにした

// BitArray
[Serializable]
public class SerializationBitArray : ISerializationCallbackReceiver
{
    [SerializeField]
    string flags;

    BitArray target;
    public BitArray ToBitArray() { return target; }

    public SerializationBitArray(BitArray target)
    {
        this.target = target;
    }

    public void OnBeforeSerialize()
    {
        var ss = new System.Text.StringBuilder(target.Length);
        for(var i = 0 ; i < target.Length ; ++i)
        {
            ss.Insert(0, target[i]?'1':'0');
        }
        flags = ss.ToString();
    }

    public void OnAfterDeserialize()
    {
        target = new BitArray(flags.Length);
        for (var i = 0; i < flags.Length; ++i)
        {
            target.Set(flags.Length - i - 1, flags[i] == '1');
        }
    }
}

使い方

BitArray bits = new BitArray(4);
bits.Set(1, true);

// BitArray -> Json文字列
var str = JsonUtility.ToJson(new SerializationBitArray(bits)); // 出力例 : {"flags":"0010"}
// Json文字列 -> BitArray
BitArray bits = JsonUtility.FromJson<SerializationBitArray>(s).ToBitArray();

ソースコード

【Xenko】NewGameが起動しません

Xenkoを使ってて最初の挫折ポイントが NewGame だった

NewGameで新規プロジェクトを作成し、
実行ボタン(F5)を押してもゲームが実行しませんでした・・

ビルドログを確認したら

Error: BuildStep Asset build steps [SkyboxAsset:'Skybox'] (3 items) failed.

が表示された

Assets内の Skybox を削除したら起動できました。
まだベータ版(1.4.2-beta)だから仕方ないですね

↓たぶんこれ↓github.com